『演劇 the コウ』のオフィシャルホームページを管理するまさきが、劇団に関係する・しないに係わらず、管理人の立場も一先ず置いといて、気紛れに残す日々の足跡・・・のページ。
みずほ演劇祭2017に参加いたします。
0

    諸事情あって、演劇theコウは、2014年、2015年、2016年のみずほ演劇祭への参加を辞退してきました。

     

    それぞれがどんな理由だったのか。

     

    まぁ、それは割愛します(^^;)

     

     

    みずほ演劇祭2017は、人を集めて、過去に上演した作品の再演を目論んでました。

     

    機会があれば、『演劇theコウの公演に出演しませんか?』って声をかけていました。

     

    だけど、上演作品が決まっていなかったことが原因なのか、そのほとんどが『社交辞令』となっていました(>_<)

     

     

    それならってことで、二人芝居の作品を探し、2作品ほどストックしました。

     

    それを持って、一緒に芝居をしたいと思ってた役者に声をかけたんだけど、事情あって撃沈…。

     

     

    そして行き着いた結論は『一人芝居』でした。

     

     

    そうなんです。

     

    演劇theコウはみずほ演劇祭2017へ一人芝居で参加します!!!

     

     

    ショートドラマ枠への初参加。

     

    20分強を僕一人の力でもたせることが出来るのか!

     

    たぶん、全てのことがチャレンジになることでしょう。

     

     

    現時点、上演作品は未定。

     

    決定次第報告と言うことで。

     

     

    まずは、身体作りからスタートです。

     

     

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

    Posted by : まさき | 劇団 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0)
    “演劇 the コウ”の冬公演について
    0
      前回の記事でブログ更新の再開を宣言したが、案の定と言うのかな、1ヶ月以上あいだを空けてしまった。
      まぁ、最初のうちは更新頻度は高くないとも書いたから、それはそれってことで。


      今回は『“演劇 the コウ”の冬公演について』と言うことで記事を書こうと思う。

      7月の上旬、アトリエ・ゼロで演劇集団紅茶組の公演があった。
      猛烈な暑さが続く中の公演で、エアコンの無いロビーで受付をしていた僕は、公演の翌日から2日間ほどフラフラになった。
      今思えば、軽い熱中症だったのかもしれない。
      その後、泊まり打ち上げと反省会が終わり、その公演のすべてが終わった。

      そんなこんなで、8月2日(日)、ガスト岐阜城東店にて、“演劇 the コウ”の冬公演の打ち合わせの場を設けた。
      稽古場を借りての打ち合わせでも良かったのだが、飲食しながら軽い気持ちで意見交換が出来たらいいと思い、ガストでの打ち合わせを選んだのだ。

      15:00スタートだったのだが、個人的な事情で、僕は30分遅れての参加となった。

      ガストに到着してみると、和気藹々とした雰囲気が出来上がっていた。
      すぐに打ち合わせに移行するのはどうかと感じ、しばらく雑談を続け、場の空気を読みつつ、打ち合わせに移行した。

      まずは、事前に電話連絡を受けていた内容を、当事者である空から報告させた。
      個人的な内容のため、その詳細は割愛する。

      空からの報告を受けた後、冬公演にどれくらい係われるのか、メンバーに確認をした。
      • 稚登 ⇒ 個人的な事情のため参加不可
      • MIE ⇒ 個人的な事情のため参加不可
      • 茜ヶ崎空 ⇒ 個人的な事情のため参加は難しい
      • カズト ⇒ 参加可能
      • まさき ⇒ 参加可能
      この時点で、参加可能なメンバーは2人と言うことに。

      これを踏まえたうえで、冬公演をどうするかを考えることにした。
      だが、この時点で雰囲気に結論が漂っていた。

      『冬公演は難しい。みずほ演劇祭2016への参加は取り止めるべきだ』

      しかし、僕がそれを口にしないため、意見交換は続いた。

      やはり、無理をおして公演をうちたくないと言う意見が出た。
      その意見には、僕も含めて全員が同意した。

      過去、かなり無理をした公演があった。
      難しい作品を選び、稽古は迷走し、マンパワーが足りず、本当に苦労した。

      今、冬公演へ向けて動くことに決めたら、その時よりマンパワーが足りないことで苦労するだろう。

      もちろん、外部よりキャストとスタッフを集めることも検討した。
      ところが、上演作品が決まっていない現状、まずはそれを決める必要があり、それからマンパワーを集めることになるわけだから、時間がまったく足りないのだ。
      それを実現しようとしたら、この前の3月までに上演作品を決め、時間をかけてマンパワーを集める必要があるだろう。
      僕が知る劇団でも、上演作品が決まり、諸々の人員を集め、稽古を重ね、本番にたどり着くまでに1年強の時間をかけている。

      そう考えると、今から上演作品を探すわけだから、来夏が本番と言うことになるだろう。

      いろんな意見があったのだが、その時、核心を突く問いが提示された。

      『今、どうしても上演したい作品が手元にあるのか?』

      絶対にその問いは出るだろうと思っていた。
      だから、それに答えられるよう、上演可能で上演したい作品を探してきたが、その様な作品は見つけることが出来ていないのが現状だった。

      それで僕は結論を口にした。

      『冬公演は断念する。みずほ演劇祭2016への不参加を表明する』

      こうして、7割方が雑談だった、3時間ほどの打ち合わせが終わった。

      余談だが、カズトには客演の話しが届いているとのことだ。
      それを受けるか断るかはカズトの判断に任せるところだが、僕は代表として受けてもいいとの判断を伝えた。



      “演劇 the コウ”は、夏と冬の、年2回公演をうつことを考えている。
      しかし、2015年の冬公演(みすほ演劇祭2015)を断念し、更に2015年の夏公演も断念している。
      この事実があって、更に2016年の冬公演(みずほ演劇祭2016)も断念すると言うことになると、劇団として組織が機能しているのかと言う部分を疑われても仕方のない状況が発生する。
      メンバーの増強をしたくても、公演をうってアピール出来てないのだから、それの実現は難しいと思われる。


      個人的には、“演劇 the コウ”の活動を心の支えにしている部分があるため、冬公演の断念は状況として厳しい。
      まぁ、これを打ち合わせの場で提示しても、メンバーからしてみれば、『そう言われてもね…』としか言いようがないだろう。
      だから、これはメンバーには伝えていない。


      打ち合わせの後、僕のため息は多くなっている。
      それでも随分と気持ちの整理は出来てきたと感じている。
      冬公演のために使うはずだった時間は、現状余っていると言える。
      それをどうするか。
      出来ることをやるしかないだろう。


      外部からマンパワーを集めて公演をうつには1年ほどの時間が必要と前述した。
      まずは、2〜3ヶ月をめどに、来夏の上演作品を探そうと思う。
      2016年の3月あたりまでにキャストとスタッフの目処をつけ、4月から稽古を始められれば、来夏公演は実現する計算になる。
      その為にも、まずは上演可能作品や上演したい作品のストックを増やそうと思う。


      あとは身体作りも進める必要がある。
      最近、お芝居やライブを観て、表現するには身体が必要だと実感したのだ。
      僕自身が出演しないとしても、僕が身体を作っておけば、第三者へ『身体を作りなさい』と言っても言葉が伝わるはずだ。

      同世代に比べても柔軟性はある方だが、表現者としての柔軟性を身に付けたい。
      ガッツリマッチョになる必要はないが、筋力アップしたい。
      バランスがとれる身体を作るには、体幹を鍛える必要もあるだろう。
      これらを実現すれば、基礎代謝もアップして、結果的に痩せることも出来るだろう。


      感性を養う必要もあるだろう。
      多くの舞台や映画を観たいと思うし、小説なども読みたいと思う。
      美術館などを巡るのもいいだろう。


      “演劇 the コウ”は冬公演を断念し、みずほ演劇祭2016への不参加の意思表明もした。
      しかし、“演劇 the コウ”と言う劇団は存在し、それぞれメンバーは活動している。
      僕も表現者の一端を担うものとして、精進を重ねてゆきたい。


      JUGEMテーマ:演劇・舞台
      Posted by : まさき | 劇団 | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0)
      7月最後の稽古。
      0
        《日時》
        2013年7月28日(日)
        13:00〜21:30

        《場所》
        瑞穂市民センター
        第4会議室

        《面子(敬称略)》
        稚登、MIE、カズト、空、まさき

        《本文》
        7月最後の日曜日。

        今日も熱い稽古に行ってきました〜!!

        稽古場は、瑞穂市民センターの第4会議室。

        いや〜本拠地に帰ってきたって感じですわ。


        稽古を始める前、演出からの連絡事項がありました。

        次週、8月3日(土)の稽古についてでした。

        照明オペをお願いする方が来るため、照明の打ち合わせをメインに、8日(木)の仕込みのための打ち合わせをするとのことでした。

        たぶん、照明オペの方のため、通し稽古もやることになるでしょう。

        きっかけの説明だけじゃ、イメージは掴めませんからね。

        ゲネの前に、一度でも通しを目にしておけば、イメージしやすいでしょう。


        連絡事項の後は、昨日(27日)の通し稽古を受けての稽古が始まりました。

        各場後半は良かったんだけど、前半はテンポが悪いってことで、それの調整を進めることになりました。


        とりあえず、昨日の通し稽古は台詞がボロボロだったこともあって、昨晩寝る前に、台本を一通り音読したんですわ。

        その成果もあったんでしょうね、今日はいい感じに台詞が出てきて、演出の注文に応えることが出来たと感じてます。

        17:00までに、各場の調整を進めて、その後軽食休憩となりました。


        何事にもメリハリは必要だとは思うんだけど、長い休憩に入ると、ここまでのほほんとしてしまうとは…。

        こう書いている僕も、少しうとうとしてしまいました(笑)


        18:00から稽古再開!!

        諸々の準備をして、通し稽古です!!

        昨晩台本を読んだことが功を奏して、台詞でテンパることはなく、気持ちよく演ずることが出来ました。

        通し稽古を終えて、スカッとした感じを得たのは、今日の通しが初めてです!!


        だけど、演出からは、緩急強弱が無くなってるところがあって、説明台詞は退屈になってたとのこと。

        確かに、気持ちよくお腹の底から声を出していたから、演出のダメ出しはごもっともです。


        小休憩を挟んで、第一場から微調整の稽古をしました。


        今日の稽古は、これまでになく、内容の濃さを感じました。

        今頃こんなことを言ってちゃいけないんだろうけどね。


        台本を一回音読するだけで、それがプラスに繋がることを実感した。

        これまでは黙読を繰り返してきたけど、台詞を目で追ってるだけじゃダメってことだ。

        自分が発した声を耳が拾うことで、効果倍増なのかもしれませんね。

        今後は一日一回の音読を課題にします。

        あと、演出からは“接続詞”の前後を整理することとの宿題が出ました。


        本番まで二週間を切りました。

        二週間後の今頃は、ヘロヘロになって、帰宅していることでしょう。


        その時に後悔しないように、今出来ることは全力で当たりたいと思います。


        さて、今日の稽古場はこんな感じ。
        稽古130728.jpg

        画像真ん中で仲良く並んでる椅子が、なんだか笑いを誘うような気がします♪


        JUGEMテーマ:演劇・舞台

        Posted by : まさき | 劇団 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
        通し稽古…撃沈。。。
        0
          《日時》
          2013年7月27日(日)
          13:00〜21:30

          《場所》
          巣南公民館
          第2講義室

          《面子(敬称略)》
          稚登、MIE、カズト、是音、空、まさき

          《本文》
          今日は…と言うか、今晩は、そこ彼処で花火大会だったようですね。

          facebookのニュースフィードを少し確認しただけでも、岐阜県内でも数ヶ所の花火大会があったようです。

          劇団の活動拠点に合わせ、生活の拠点を岐阜市に移してから数年経ちますが、稽古に追われて、ゆっくりと花火大会を楽しんだことがありません…(-_-;)

          7月の20日頃に公演日をもってくれば、劇団メンバーと一緒に、花火大会を楽しめるのかな?

          冬の演劇祭が終わって、次の公演が7月…きっと無理でしょう(爆)


          さてさて、今日は瑞穂市民センターに部屋が確保できなかったから、稽古場は巣南公民館でした。

          巣南公民館は、市民センターで稽古場が確保できない時の、第2候補なんですよ。

          自劇団の稽古場を持ってないから、いつもの場所が確保できないと、ジプシーになっちゃうんですよね(^_^;)


          事前の私用のため、稽古場に到着したのは13:45頃。

          空を迎えに行くことになってたから、仲良く一緒に遅刻してしまいました。。。


          稽古場に入って、ふとホワイトボードを見ると、今日のタイムテーブルが書かれているではありませんか!!

          これまでのコウには無かったことではあ〜りませんか!!

          こう言うことは踏襲していきたいですね。


          タイムテーブルに沿って稽古開始。

          本番用の小道具や消え物を使ったきっかけ稽古から場転稽古です。

          これまでも、仮小道具(コウでは仮小と呼ばれてます)を使って、稽古してきたんだけど、本番用の小道具や消え物を使うと、おもいっきり勝手が違います。

          簡単に出来ると考えられてたことが実は結構難しかったり、これまでの稽古で考え切れてなかったことがあったりと、この稽古時間を確保してホント良かったと思います。


          15:00に是音さん到着!

          通し稽古へ向けて、音響機材のセッティングをお願いしました。

          その間の僕たちは、16:00からの通し稽古へ向けて、準備を進めました。


          さ〜て、その通し稽古は…撃沈。

          MIEちゃんはほぼノーミスだったのに対して、僕は数回芝居を停めそうになってしまったんですわ…(涙)

          ポンと抜けちゃう台詞があるから、十二分に注意して何度も台本を読み込んだのに、こんな結果を出してしまうとは、もう何も言えません。。。


          通し稽古の後はダメ出しです。

          この後、別件の仕込みを控えている是音さんへのダメ出し(きっかけの相談?)を終わらせて、是音さんはタイムアップ。

          その後ゆっくりと、演出からのダメ出しとそれぞれの気になったところの意見交換をしました。

          あれだけ台詞を間違えてた身なのに、僕もしっかりと意見を出してしまいました…(-_-;)


          ダメ出しの後は軽食休憩です。

          これはその時に撮った稽古場です。
          稽古130727.jpg

          ごちゃっとしてますね(笑)


          60分ほどの軽食休憩を終え、通し稽古を受けた、抜き稽古のスタートです。

          間違えたところを修正したり、演出が思い付いたことを試したりと、内容の濃い稽古でした。


          今日の稽古を振り返って言えることは、『台本をしっかりと頭に叩き込め!』ってこと。

          もちろん、ダメ出しや自分で考えた演技プランを全部ひっくるめてのことです。

          明日の稽古に備えて、帰宅したら台本を読み返します!!


          JUGEMテーマ:演劇・舞台

          Posted by : まさき | 劇団 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0)
          演劇組織KIMYOさんへ折り込んできました〜!!
          0
            会社へ顔を出した後、演劇組織KIMYOさんへ折り込んできました〜!!

            もちろん、会社へ顔を出した時は、会社へ行く格好をしてたんだけど、車の中で着替えて、私服で行きましたよ〜!!

            …って、そんなことはどうでもいいですよね(^_^)


            さてさて、向かった先は七ツ寺共同スタジオです。

            七ツの向かいの駐車場に車を停めたのは13:00少し前だったかな。

            折り込みとしては早い時間だから、きっと大丈夫だろうと思いつつも、先客が居ませんようにと願いつつ、2Fの事務所へ向かったんですわ。

            すると、台所の一角で折り込みをしている人がいるではありませんか!!

            もしや…と思いつつ事務所へ入ってみると、誰も居ない。

            どうやら、先客の方は折り込みに慣れて無いらしく、事務所内で作業スペースが作れなかったようです。


            僕の作業スペースはコチラ!
            折込130724_1.jpg


            今回の折り込み部数は600部。

            まだまだ折り込みの序盤だったようで、一束の厚みも薄い方で、折り込み作業は楽でした♪


            これが折り込み終わった束たちです。
            折込130724_2.jpg


            各自折り込みって、その前に折り込みされていた方が、折り込みに慣れているかどうかよく分かるんですよね。

            折り込みに慣れている方は、束がビシッと縛られてるんです。

            反対に慣れてない方は、とりあえず縛ってあるって感じなんですよね。

            これが何かに影響するってことは無いんだけど、折り込みの礼儀を知っているかどうかってことに繋がると思うんです。

            うちのメンバーにも、機会を作って、束をしっかり縛れるように練習させたいと思います。


            折り込み行脚も残すことあと少し。

            一人でも多くの方に興味を持っていただけますように。


            JUGEMテーマ:演劇・舞台

            Posted by : まさき | 劇団 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
            岐南稽古場での最後の稽古。
            0
              《日時》
              2013年7月21日(日)
              13:00〜21:30

              《場所》
              岐南稽古場

              《面子(敬称略)》
              稚登、MIE、カズト、是音、空、まさき

              《本文》
              いや〜暑い。

              口をついて出るのは“暑い”って言葉が多いですわ(^_^;)


              今日は、岐南稽古場を使った、最後の稽古でした。

              まぁ、蒸してないだけマシなのかもしれないけど、それでもエアコンの無いところは暑いです。


              いろいろあって、メンバーが揃って、稽古の準備が整ったのは14:00頃だったかな。

              是音さんの到着が15:00の予定のため、それまで第四場から稽古スタート。

              第四場って、感情の起伏が大きいんですよね。

              へらへらと笑ってるシーンがあれば、怒髪天を衝く…じゃないけど、ガッツリ怒るシーンもある。

              演技で怒ってても、頭の中はいつもクールに…って言われるけど、怒るシーンでは、カーッと頭に血が上っちゃうんですよね。

              だから、ちょっと長めの台詞がクッチャクチャになっちゃうんですわ。

              も〜ホントに力任せに台詞を吐いちゃうんですよね(-_-;)


              15:00に是音さん到着。

              音響機材のセッティングを早々に済ませ、通し稽古開始です!!

              昨日(20日)の稽古後に、今日の稽古で通すことを聞いてたんだけど、僕はすっかり忘れてたんですよね〜(爆)

              小道具のセッティングなどを進めるんだけど、頭の中では『え?え?え?』って感じだったんですわ。

              気持ちの整理がつかないまま、通し稽古開始!!

              なんとかいい感じに物語が進んでいく。

              きっと油断しちゃったんでしょうね、第三場の途中で、台詞が飛んじゃったんですわ。

              頭の中は真っ白。

              考えれば考えるほど土壺にはまっていく。

              その間、数十秒だったと思うんだけど、僕にはとてつもなく長い時間に感じました。

              共演のMIEちゃんが口の形で台詞を教えてくれました。

              やっぱ頼りになりますわ〜♪


              通し稽古が終わったところで、是音さんはタイムアップ!!


              僕たちは、涼を求めて、食事に出かけました。

              カレーハウスCoCo壱番屋のカレーは美味しかったです♪


              稽古場に戻って、20:00まで稽古を続けました。

              その後は、次週(27日)の稽古で使用する道具類をそれぞれの車に詰め込む。

              あと、8月8日(木)に搬出する諸々の確認を済ませ、岐南稽古場の稽古を終えました。


              残された稽古はあと4回。

              本番まであと僅かです。


              JUGEMテーマ:演劇・舞台

              Posted by : まさき | 劇団 | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0)
              ヤマトシツじゃありません!ダイワシツです!
              0
                《日時》
                2013年7月20日(土)
                13:00〜21:30

                《場所》
                瑞穂市民センター
                大和室

                《面子(敬称略)》
                稚登、MIE、是音、空、まさき

                《本文》
                毎日暑いですね〜。

                ホント、暑さがおさまるくらいの夕立が、ザーッと欲しいものです。


                さてさて、そんな暑さが続く中、今日も稽古をしてきました〜!!

                今日の稽古場は、暑〜い岐南稽古場ではなく、瑞穂市民センターの大和室です。

                大和室…“ヤマトシツ”ではありませんよ、“ダイワシツ”なんです。

                何故、いつもの第4会議室ではないのか。

                答えは簡単です、先客があって、第4会議室が借りれなかったのですわ(^_^;)


                これが大和室です!
                稽古130720.jpg

                とりあえず、おもいっきり広いですわ。

                大凡なんだけど、ほぼ実寸大のアクティングアリアを作っても、袖や奥に余裕があるんですねぇ。

                ホントに広いです♪


                ちなみに画像は、休憩中に撮ったものです。

                のほほ〜んとした雰囲気が漂ってると思いませんか(笑)


                稽古は第三場からスタート。

                その後、第一場から返していきました。


                しばらくすると、音響の是音さんが到着。

                台本の最初から最後まで、きっかけに合わせて稽古を進めました。


                稚登の演出は、やっぱり僕とは違います。

                僕が演出をすると、音については、是音さんにおんぶにだっこ状態。

                ほぼ、提案されたきっかけで音を入れてもらうことになります。

                だけど、もともと音屋である稚登は、是音さんの提案にも、しっかりとした注文を出します。

                どこか気に入らないところがあると、音を入れるきっかけをずらして、“コレ!”ってところを探ります。

                確かに、どこから音が入るかによって、演者の芝居やテンションが変わってきます。

                稚登はきっと、それも観てるんでしょうね、演じてて気持ちのいいきっかけを見つけてくれます。

                この姿勢は、今後演出をするうえで、見習わなきゃいけないことなんでしょうね。


                音のきっかけ合わせが終わった時点で、是音さんはタイムアップ!!

                早々に引き揚げられました。


                長い休憩を挟んで、夜もガッツリ稽古しました。    

                使い勝手のいい大和室での稽古は、気持ちのいいものでした。


                残された稽古もあとわずか。

                精進、精進、精進あるのみです。


                JUGEMテーマ:演劇・舞台

                Posted by : まさき | 劇団 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0)
                劇団μさんへ折り込んできました〜!!
                0
                  今日は、稽古の前に、空と一緒に折り込みに行ってきました!!

                  折り込み先は劇団μさんで、会場はユースクエアです。


                  130部の一斉折り込みで、10:00スタートってことで、余裕を持って8:00過ぎに岐阜を出発。

                  余裕を持って出たので、スピードを出すことも無く、ぼちぼちと会場へ向かいました。

                  特に渋滞も無く、9:30にはユースクエアに到着してしまいました。

                  公演会場であるプレイルームの出入りはあるものの、折り込みに関しては、動きがまったく無い。

                  しばらくすると、一斉折り込み用の机が用意されたんだけど、僕たちに声をかけることなく、担当者(?)は去ってしまったんですわ。

                  10:00直前になって、動きがあり、その時点で集まっていたのは、折り込みNWとうちの2団体のみ。

                  そんなこともあって、各自折り込みに変更になりました(^_^;)


                  これは空が折り込んでいるところ。
                  折込130720.jpg


                  僕は折り込む空を見守って折りました(笑)


                  折り込み部数が少ないこともあって、あっと言う間に折り込みは終わりました。

                  一人でも多くの方に興味を持っていただけることを願いつつ、会場を後にしました。


                  JUGEMテーマ:演劇・舞台

                  Posted by : まさき | 劇団 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)
                  オイスターズさんへ折り込んできました〜!!
                  0
                    昨日(18日)の夜、ふと気付いて血の気が引いたことがあったんです。

                    それは、『オイスターズさんへの折り込みを忘れてたこと』です。

                    18日はぼんやりと過ごしてしまったんですよね。

                    だから、それに気付いて急いで折り込み日時を確認してみると、今日(19日)があるってことが分かって、ホッとしました。


                    そんなこんなで、今日はオイスターズさんへ折り込んできました〜!!

                    向かうは、名古屋は大須の、七ツ寺共同スタジオです。

                    七ツでの折り込みに向かう時に考えることは一つ。

                    いつも書くことだけど、『先客がいませんように』ってことです。


                    七ツの向かいの駐車場に車を停めていると、チラシと思しき荷物を持った、女性が七ツに入っていくではありませんか!!

                    『ヤバい!急がないと!!』と思いつつ、2Fの事務所へ行ってみると…唖然。

                    先客が4組あって、僕が5組目でした。

                    ただでさえ狭い事務所で、3組が折り込みを進めてるんですよね。

                    僕の前に入った女性は台所の一角を使って折り込みを始めました。


                    今日の折り込みは16:00まで。

                    七ツへ入ったのが14:30頃だから、先客が終わるのを待っていられない。

                    僕も台所の一角を使って折り込みを始めました。


                    これが僕の作業場です。コンロが並んでるのが面白いですね(^_^;)
                    折込130729.jpg


                    折り込みを進めつつ、ある勘違いから、愕然とすることがありました。

                    七ツでの折り込みは、50部の束×必要束数で、総部数になるんですわ。

                    オイスターズさんは、550部だから、50部の束が11束あるんだけど、何故か僕は、6束と間違えてたんですね。

                    7束以降があることに気付いた時は、おもいっきりショックでしたね(-_-;)


                    事務所内で折り込みを進められていた方が、それを終えられたので、僕が事務所内に移ることになりました。

                    譲ってくれた方々に感謝です。


                    こうして、オイスターズさんへの折り込みを、16:00少し前に終えることが出来ました。

                    いつも思うことですが、一人でも多くの方に興味を持っていただけることを願うばかりです。


                    JUGEMテーマ:演劇・舞台

                    Posted by : まさき | 劇団 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)
                    “意識改革”が必要です。
                    0
                      《日時》
                      2013年7月14日(日)
                      13:00〜21:30

                      《場所》
                      岐南稽古場

                      《面子(敬称略)》
                      稚登、MIE、カズト、神田一家、林、まさき

                      《本文》
                      7月の三連休の二日目、今日も今日とて、稽古に行ってまいりました〜!!

                      『今日も暑いんだろうなぁ』と思いつつ、自宅から外へ出てみると、あれ!?そんなに暑くない!?

                      もっと、ドカっとした暑さを想像してたから、おもいっきり“ほっ”としました(^_^;)


                      個人的な事情で稽古場入りしたのは13:20頃。

                      もちろん、“遅刻メール”は送ってありましたよ…って主張することじゃないんですけどね(-_-;)


                      稽古場に入ってみると、やっぱりそんなに暑くない。

                      “暑さ”に対して、おもいっきり覚悟してきたから、ちょっと“拍子抜け”みたいなものを感じちゃいました(笑)


                      さて、稽古場に到着したものの、稽古場にはメンバーの姿は無い。

                      みんな作業部屋に居ました。

                      どうやら、不要になった材料を可燃ごみの日に出すってことで、総出で作業部屋を掃除してました。

                      きっと、僕が遅刻したから稽古にならず、掃除ってことになったのでしょう。

                      本当に申し訳ない限りです。


                      僕が到着したことで、掃除を切り上げ、稽古を始めることになりました。

                      演出の考えでは、『全場を稽古したい』とのこと。

                      当たり前のことだけど、『気を引き締めて稽古しなければ』って思いでいっぱいになりましたね。


                      第一場から稽古開始。

                      台詞の入りが甘いってことは認識してるんだけど、それに『気を引き締めて…』って思いで力が入ってしまったのか、自分でももどかしいほど芝居はボロボロ…。

                      この時期にこの状況、演出の内心は、“もどかしい”なんて言葉では表せないものだったことでしょう。


                      稽古が第一場から第二場に移ろうとした頃、“演劇集団紅茶組”の神田家の3人と林さんが、陣中見舞いに来てくれました。

                      いや〜正直なところ、ドッキドキでしたわ。

                      何しろ、第二場には、“竹造”見せ場がありますからね。

                      だけど、この時期に劇団外の目に触れることが出来て良かったと感じてます。


                      差し入れにいただいたアイスは、暑い稽古場では、一番のご馳走でした♪


                      第二場の稽古が落ち着いた頃、時間は17:00を回り、みんなで避暑に出かけました。

                      行った先は、MIEちゃんのリクエストで、“かっぱ寿司”。

                      久しぶりの寿司は美味しかったです♪


                      避暑から戻ってから、第三場の稽古開始。

                      7月に入ってから“一夜漬け”で覚えた場なのに、第一場、第二場と違って、比較的台詞が出るんですよね。

                      それはきっと、“美津江”主導の台詞が多いから…だと思ってます。

                      だけど、どうしても台詞が噛み合わないところがあって、力任せに芝居を続けはしたんだけど、何故そうなるのかわからない。

                      ダメ出しの時に、この台詞は吐いた、この台詞は吐けなかったと、分析したんだけど、やっぱりよくわからない。

                      『もう一度返してみよう』ってことになり、やってみたんですよね。

                      それで分かったことは、僕がそれまで吐き忘れてる台詞があったんです。

                      僕がいつも吐き忘れてるから、MIEちゃんがその前後の台詞を続けて吐いてたんですわ。

                      それだから台詞が噛み合わなかったんですよね。

                      原因が判明してみると、僕が悪かったんですよね…申し訳ありませんm(__)m


                      そんなこんなで、第三場まででタイムアップ!!

                      演出の意向としては第四場まで稽古したかったんだけど、そこでストップとなりました。


                      今日の稽古を振り返ってみて感じたことは、キャストに“甘え”があるんじゃないかってこと。

                      稽古の時、『プロンプを飛ばしてくれるだろう』って思いがどこかにあるんですよね。

                      本番まで一ヶ月を切ったこの時期に、“プロンプ”を求めてちゃいけませんよね。

                      もっともっと“プロ意識”を持つ必要があります。

                      演出からのダメ出しに、口にするかしないかは問わず、『分からない』とか『出来ない』と思って(言って)はいけませんね。

                      もちろん、演出からの注文が、“不可能”なことならそれは当てはまらないけど、そんな注文が出ることはありません。

                      この時期にって言われるだろうけど、“意識改革”が必要です。


                      JUGEMテーマ:演劇・舞台

                      Posted by : まさき | 劇団 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
                      TOP