『演劇 the コウ』のオフィシャルホームページを管理するまさきが、劇団に関係する・しないに係わらず、管理人の立場も一先ず置いといて、気紛れに残す日々の足跡・・・のページ。
妄想会議『音即是空』 千秋楽!
0
    コトダマ×オトダマユニット 妄想会議 コンサート 『音即是空』 が無事幕を下ろしました。

    初日に続いて、今日も入り時間に縛りは無し。
    唯一の条件は、14:00の開演に間に合うようにとのこと。

    それでも誰かしらは早く到着するだろうと、9:00過ぎに到着するように自宅を出たんです。
    ちくさ座に到着してみると、駐車場に一台の車もなし。
    トップを切っての会場入りを果たしました。

    まぁ、それでも…と思ってたんだけど、主要メンバーが入ったのは11:00頃だったと思います。
    なんだかスゴイですわ(^^;)

    一番驚いたのは、主要メンバーが到着する前に、お弁当が到着したことかな。


    それでも、14:00の開演に向けて、着々と準備は進められるんですよね。
    (…って、当たり前か)

    あれはいつ頃だったかな。
    13:00は回っていたように記憶しています。
    映像の牛嶋さんから提案があり、急遽、照明の吉戸さんを巻き込み、きっかけの調整をしました。
    若干、大丈夫かな…って思いはあったんだけど、何の問題もなく、その提案が組み込まれてしまう座組に凄さを感じましたね。


    公演の方は、定刻通り13:30開場、14:00開演と、無事に進行してゆきました。
    新たに組み込んだきっかけは、舞監席のモニターからは感じ取れませんでしたが、お客様の目には、素敵に映ったことでしょう。

    アンコールも含めて、16:00終演。

    その後、バタバタっと記念撮影をして、即バラシへ。
    舞台装置と言う大物が無かったこともあってか、バラシもあっという間に終わってしまいました。


    面白かったのは、バラシ後、ロビーでの打ち上げかな。
    ケータリングで用意された飲み物と差し入れを広げての打ち上げは、乾杯から始まって、関係者それぞれの挨拶、そして歓談。
    本当にとりとめのないことをないことで大笑いしました。
    次回はこんなコンサートがいいねって話題で、笑いすぎてお腹が痛くなったのが、本当に楽しかったです。

    こうして、コトダマ×オトダマユニット 妄想会議 コンサート 『音即是空』 は、お客様と関係者の思いでとなり、形をなくしました。


    今回は、縁あって『ステージマネージャー』を仰せつかりました。
    うちの劇団では舞監の経験はあるけど、ちくさ座のような、大きな小屋では初めてのこと。
    周りのスタッフは、各界の巨匠ばかりで、正直なところ、『自分にこの仕事がこなせるのか??』って思いは強かったです。
    それでも、僕を信用して任せてくれたわけだし、引き受けたからには投げ出すわけにはいかない。
    公演に責任を持つ心づもりで、それぞれの開演から終演まで、仕事をこなしました。
    思い返せば、反省点はてんこ盛りです。
    それでも、打ち上げの場で『必要な時に必要なキューが出され、幕間休憩中の転換も無事にやったんだからいいんだよ』と言われたときは、ホッとしました。
    この経験は、今後の自信に繋がるだろうし、表現活動へのかかわり方に新たな広がりを持たせてくれたように感じています。

    誘っていただいた白樺八青さんに感謝です。


    そして、今回も多くの『縁』を結ぶことが出来ました。
    うちの公演でも、何かしらの形で映像を使ってみたいと思っています。
    オープニング映像と言う形ではなく、本編に絡む映像です。
    今回出会った牛嶋さんに相談したら、何かしらの協力を得ることが出来るかもしれません。
    もちろん、それぞれが素晴らしい方ばかりなので、頼れるところは頼りたいなと考えています。


    もう一つ考えているのは、今後の『妄想会議』にも係わっていきたいなと言うこと。
    自分の経験値を高めたいという気持ちもあるし、新たな『縁』が楽しみと言うこともあるし、何よりも『妄想会議』が素晴らしいということが一番の理由です。

    打ち上げの場で、『まさきくんに妄想会議を売り込んでもらえばいいんだって!』と言う話がありました。
    もちろん、場のノリと言う部分もあるでしょう。
    だけど、それが出来れば、うちの劇団を売り込むことももっと出来るようになるはず。
    ちくさ座を出てからの帰路、どんなことが出来るんだろうと考えていました。
    この記事を書いている今も考えています。
    おもいっきりワクワクしている自分がいます。

    『妄想会議』は白樺八青、竹内幸枝、所克頼、宮田久美子で構成されています。
    サブメンバーで名前を連ねられる日が来るよう、何らかのアクションをしていこうと思います。


    今は、コトダマ×オトダマユニット 妄想会議 コンサート 『音即是空』 が無事幕を下ろせたことにホッとする次第です。


    自分で撮影した写真を少し。

    オペ席から撮影した舞台全景。
    照明と映像とオブジェが素敵です。


    オブジェの一つ。


    スモークに当たったプロジェクターの光。



    JUGEMテーマ:演劇・舞台
    Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0)
    妄想会議『音即是空』 初日終了!
    0
      コトダマ×オトダマユニット 妄想会議 コンサート 『音即是空』 の初日が終わりました!

      お芝居の公演の場合、直前まで稽古を重ねるからなんでしょう。
      前日の終了時に、入り時間をきっちり告げられる。

      ところが、1stの開演時間が14:00と言うことだけ再確認し、入り時間は各個人(部署)に任されたんです!
      いや〜ビックリ!!

      ステマネってこともあるから、9:00入りを目指したんだけど、寝坊してしまい、入りは9:45でした(^^;)

      さてさてさて、今日を振り返ると…何か食べてたことが一番記憶に残ってるかな(>_<)
      ケータリングだったり、差し入れだったり、お弁当だったり、また差し入れだったり。
      とりあえず、どれも美味しかったです!

      まぁ、そんなことはさて置き、ステマネの仕事としては、気になることがあると、会場内を歩き回ってました。
      開演前の諸々のセッティングが終わっているのかとか、受付周りの状況とかとかとかです。

      その他の時間は、出演者やスタッフといろんなことを話してました。
      やっぱり他愛もないことが多かったかな。
      おかげで、座組に入って間もない僕も、なんとか打ち解けることが出来たように感じています。

      あとは、時間に追われていたように感じてます。

      初めてのステマネ。
      誰かを頼りたくなるけど、スタッフとしては、自分が一番上に位置するわけだから、頼ることはできない。
      自分を信じ、開場を指示し、開演を指示し、幕間休憩中の転換作業をこなす。
      気持ちが上ずることもなく、なんとかこなすことが出来たのではないかと思っている。

      もちろん、反省点もいっぱいある。
      挙げればきりがないので割愛するが、もっとお客様のことを考えて動けたら良かったのではないかと言う部分が大きい。

      残すところ、公演は明日(26日)の1回のみ。
      悔いを残さないように楽しみたいと思う。

      ちくさ座の入り口はこんな感じ。


      写真中央には、『音即是空』ののぼり(なのかな??)が取り付けられている。


      JUGEMテーマ:演劇・舞台
      Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
      ステージマネージャーを任されました!!
      0
        またまた、久しぶりの投稿となってしまいました。
        2015年はこの様な状況にしてしまいましたが、2016年は更新の頻度を上げてゆきたいと思います!(^^;)

        さてさて、2015年の表現活動は、観劇で幕を下ろすのかなと思っていました。
        毎週末、何らかの舞台を観つつ、2015年が終わるんだろうなと。

        ところが、とんとん拍子(?)に話が進み、コンサートのステージマネージャーを任されました!!

        きっかけは、11月下旬の公演を観に行った際、コンサートの出演者である、白樺八青さんからいただいた話でした。
        最初は『仕込みの人員が足りないから手伝ってほしい』と言うことだったのです。
        予定は空いていたので、即『OK』の返事をしました。
        その時点の僕の頭の中は、仕込みを手伝い、本番を鑑賞し、バラシに参加…と言う流れを想定していました。

        しばらくしていただいたメッセージには『ステージマネージャーをお願いしたい』とありました。

        その話をいただいたときの僕の気持ちは、
        『ステージマネージャー!?それはどんな仕事??僕でそれはこなせるの??』
        と、こんな感じでした。

        そのメッセージに添えられていた説明には、『お芝居の舞台監督に相当する仕事』とあり、一つの経験で勉強と思い、二つ返事でお引き受けしました。

        直前の直前ですが、ここでコンサートの公演情報を記載します!
        ----------
        コトダマ×オトダマユニット 妄想会議 コンサート
        音即是空(おんそくぜくう)

        《日時》
        2015年12月25日(金) 14:00/19:00
        2015年12月26日(土) 14:00
        ※開場は開演の30分前

        《会場》
        名古屋市千種文化小劇場 ちくさ座

        《チケット》
        3000円(前売・当日とも)
        ※全席自由

        音即是空 表

        音即是空 裏
        ----------

        本当に、直前の直前で申し訳ありません(>_<)


        それで、今日(24日)はクリスマス・イブだけど、妄想会議の小屋入りでした。
        朝9:00に、仕込む気満々で会場入りしたんだけど、勝手がわからず、右往左往状態。
        最初にもらった話は、装置の仕込みだったのですが、空間意匠と言うことで派手(?)な動きは無し。
        いつもはナグリやインパクトでガンガンに仕込むのに、そんな動きは一切無し。
        指示されるがままに、傘を加工したり、モノを並べたりでした。

        一番困ったのは、時間の調整の相談を受けたことかな。
        俄かステージマネージャーのため、話しをどう進めたらいいのかわからず、八青さんを頼ってしまいました。

        そんなことがありつつも、15:00からの場当たりをなんとか終わらせ、ゲネは諸事情会って30分押しの18:30にスタート

        僕の心境は、入社したての新入社員が、大きなプロジェクトのリーダーを任された感じかな。
        皆さんの協力のおかげで、今日を乗り切ることが出来ました。


        いよいよ明日(25日)より本番です。
        まずは、誰一人怪我することなく終われることを願うばかりです。


        JUGEMテーマ:演劇・舞台
        Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
        劇団「獅子」をサポートしてきました!
        0
          事の発端は、LINEの一つのトーク。
          劇団テアトロ・マジコで一緒になった子から届いたそのトークは、こんな感じで始まっていた。

          『名城大学の演劇部に所属する知人が、人員不足で困っているそうです』

          それで、11月17日に舞台を手伝ってほしいという内容が続いていた。


          求職中の身のため、毎日が休日と言っても過言ではない僕は、曜日感覚がすっかり抜けている。
          そんな僕は、指定された11月17日は週末で公演日だと思い込んでいた。
          『(火)』と記載された曜日を見落として…。

          公演当日に舞台のサポートってなんだ??
          作品の内容をまったく知らないのに、満足なサポートってできるのか??

          二日ほど、そんなことを考えてました。
          (まだ、曜日に気づかない…)


          とあるイベントで、トークをくれた子に会ったから、具体的に話しを聞いてみると、仕込みの人員が足りてないとのこと。
          (この時点で、やっと曜日に気づく 笑)

          小屋入りの日に人員が足りないというのは大変なこと。
          学生劇団との繋がりが薄いから、そちらへの興味もあって、11月17日(火)は朝からサポートに入ることにした。


          事前に諸々のやり取りをして、仕込み当日(11月17日)。
          自宅を出るのが少し遅かったこともあって、通勤渋滞(かな?)に引っかかってしまい、会場(G/pit)に到着したのは9:15頃。
          既に搬入が始まってました。
          挨拶もそこそこに、搬入に合流。

          搬入が終わったのは9:40頃だったかな。
          あらためて挨拶をして、仕込み開始。
          話を聞いていると、装置の仕込み図が完全に固まっていないらしい。

          一抹の不安が過る…。

          だけど、出来ることを進めるしかない。
          少しずつだけど、G/pitに舞台らしきものが形を成していく。

          お昼休憩を挟んで、夕方に入る前までに、舞台上の作業は終了。
          舞台上は照明さんへ渡し、客席の設営に入る。
          前に使用した団体が残してくれた客席を80cmほど舞台側へずらすとのこと。
          これが思ったよりパワーが要った。

          その後、客席周辺の整理を済ませると、装置の仕込みメンバーの作業はほぼ終了。
          まぁ、この時点で会場を後にすることもできたけど、それじゃあ面白くないと思い、照明の仕込みを見学することにしました。

          この日、G/pitを出たのは、退館時間ぎりぎりの22:00少し前。
          装置は多少粗い仕込みで止まってるため、その部分の詰めと一部仕込み直しは、翌日に作業されるとのことでした。

          帰りの道すがら気になってたことは、バラシの人員が足りているか…と言うこと。
          連絡を取ってみると、やはり足りていないとの返事が。
          この時点で、千秋楽を観劇して、そのままバラシに入ることが決定しました。


          さてさて、時は最終日の11月22日(日)に移ります。
          15:00からの千秋楽を観劇。

          舞台上がどんな感じに整えられているのかなどなどなどを楽しみにして会場入り。
          『おぉ!』って感じでした。
          席は最前列のセンターに陣取りました。

          お芝居は粗削りな感じもあったけど、若いパワーに溢れる作品で、楽しめました。
          やっぱり、お芝居はいいですね♪

          お見送りを含めて、すべてが終わったのが17:00少し前だったかな。
          僕は、一度コインパーキングへ戻り、観劇スタイルからバラシスタイルへ変身。
          G/pitへ戻ってみると、舞台写真(なのかな??)を撮影しているところでした

          うちの公演でも、時間を確保して、上演しているていで写真を撮影するんだけど、同じような感じでした。
          そこにも、若い、学生らしい雰囲気は漂ってましたね。

          18:00少し前にバラシ開始。
          仕込みに参加したから、装置の構造は頭に入っているけど、仕込み後に変化した部分を把握するため、一通り舞台裏を散策。
          その後、がっつりバラシをしました。

          装置班と照明班が干渉しないように進むバラシ。
          装置班の僕は、黒幕を外し、ドアを外し、パネルを外しと作業を進める。
          大凡、素舞台に戻ったのは、19:00前のこと。

          いつものことながら、バラシはあっという間のことです。

          すべてが終わったのは20:00過ぎだったと思う。
          それから諸々のやり取りがあって、会場を後にしたのは21:00頃でした。


          一つのトークから始まった劇団「獅子」のサポート。
          学ぶことも多く、いい経験を積ませていただきました。
          そして、多くの『縁』をいただきました。
          うちの公演を手伝いたい、客演したいと言ってくれる子も多くいて、本当にありがたく感じています。

          演劇 the コウの次回公演は、劇団としては未定です。
          ただ、僕個人としては、来夏公演は実現したいと考えています。
          その時はみんなに声をかけたいと思っています。

          そして、機会がもらえれば、どこかの劇団にも関わらせてもらいたいとも思っています。


          JUGEMテーマ:演劇・舞台
          Posted by : まさき | 舞台活動 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0)
          ベストタイミングだと思ったんだけど…。
          0
            頭の中で渦を巻いていることを整理するためにも、今日、会社での出来事をここに記す。


            毎朝、所属チームの進捗打ち合わせがある。

            チーム内では“朝会”と呼んでいる。

            9:30頃から30分から1時間ほど使って、それぞれの進捗を確認するわけだ。

            これまではSL(シニア・リーダー=係長に相当する)が主宰していたが、諸事情あって、担当(まぁ、平社員)レベルが主宰することが望ましい…と言うことになって、今週は僕が担当することになったのだ。

            復職後、朝会に参加してきたから、その流れは理解している。

            何度も書くが、進捗の確認がメイン、問題点があれば場に出してみんなで考えるのだ。


            一日のうちで、チームのメンバーが揃う唯一の時間。

            仕事には直接関係ないが、間接的に仕事に影響するであろう私事を伝えるにもベストなタイミングであると思っていた。

            そして、今日からの一週間(実質三日間)は、僕が主宰するのだから、尚更好都合と考え、近い将来のことを伝えた。

            その内容は、僕の趣味は芝居であること、自分の劇団を持って芝居を楽しんでいること、2014年1月に公演があること、この三点だ。

            それを伝えた時の場の感触は、とても好意的なものだった。

            同席していたSLは、2014年1月の公演のことを上司に伝え、判断を仰ぐと言ってくれた。


            劇団pH-7の30周年公演、なんとしても気持ち良く参加したいし、可能であれば同僚にも観てもらいたいと考えている。

            今週末の14日(土)に顔合わせがあり、週明けから稽古が始まる。

            だから、出来るだけ早く、そのことを会社へ伝えたいと考えていた。

            いろんなことを鑑みて、今日がベストタイミングだと思った。


            SLの話しでは、総務まで話しが行くであろうとのことだったから、今日の今日に結論が出ることはないだろうと思っていた。


            ところが午後になって、SLから声がかかった。

            仕事の資料を持って、簡易応接へ来てくれとのことだった。

            仕事のことについて話しをするのであれば、SLの席または僕の席で話しをすれば済むこと。

            ほかの人の耳に入らないよう簡易応接に誘うと言うことは、仕事の指示だけでなく、仕事ではないことについての話しがあると言うことだ。

            簡易応接で話しが始まってみると、やはりそうだった。

            とても言いにくそうに話しが始まり、2014年1月に、公演のため休みを取るのは難しいとのことだった。


            僕自身、気持ちのどこかでそれを想定していたんだと思う、SLの話しを聞いた僕は落ち着いていた。


            17:00少し前、総務のM(マネージャー=部長に相当)に呼び出された。

            その際の話しも、復職して間もない僕が、2014年1月の公演へ向けて活動することは望ましくない…とのことだった。


            僕が置かれている状況の中で一番問題なのは、2015年3月まで有給休暇がないと言うこと。

            それがあれば、日常の仕事を真摯にこなし、必要な時に有給休暇を行使するだけだ。


            しかし、会社の規則に照らし合わせると、僕にはそれが無い。

            僕が休みを取るためには、残業や休日出勤で、時間外時間を稼ぎ、それを賃精するのではなく、休みを取ることで精算する必要があるのだ。

            休みとして精算する場合、優先されるのは、年末などの有給休暇の消化が奨励される時…と言うことなのだ。


            そして、現時点の僕に一番ネックなのは、僕が復職したばかり…と言うこと。

            あと一週間ほどで復職から一ヶ月が経つのだが、僕自身はこれからもやっていけると思っていても、会社側から見ると、一日また一日と業務を遂行し、本当の復職を果たしてほしいと言うことなのだ。


            会社サイドの話しもよく理解できる。

            まるっと三年も休んだのだから、そのブランクを埋めるのに、それ相当の時間が必要と言うことなのだ。

            上司の話し、総務の話し、いずれも『所詮趣味でしょ』と言ったスタンスではない。

            僕にとって大切なものと考えてくれている。

            たぶん、職場での関係でなければ、『がんばれ!』と言ってくれるであろう。


            しかし、やっぱり職場での関係なのだ。

            職場には規則がある。

            多くの人の気持ちもある。

            中には『仕事よりも芝居を優先させるのか』と考える人もいることだろう。

            職場での良好な人間関係を築くためにも、僕が『我』を抑える必要があるのかも知れない。


            だけど、僕の中で『芝居』は大きなウエイトを占めており、譲れない部分ももちろんある。


            『じゃあ、自分の我を通せばいいんじゃないの?』ってことになるんだけど、その場合も大きな問題がある。

            仕事が時間を許さず、本番当日に仕事が入ってしまったら、芝居仲間に大きな迷惑をかけることになるのだ。


            『我』を抑えて出演を辞めれば、会社にも芝居仲間にも、大きな迷惑をかけることはない。

            『我』を通して出演をすると、会社にも芝居仲間にも、大きな迷惑をかける可能性がある。

            その場合問題になるのは、僕の気持ちだけだ。

            きっと、大きな後悔を引きずって行くことになるのだろう。


            今、僕の気持ちは大きく揺れている。

            顔合わせ前日の13日(金)までには答えを出す必要がある。

            最悪は、キャスト発表の前までに答えが必要だろう。

            そう考えると、最大の猶予は10日ほど。


            今日の会社での意思表明は、ベストタイミングだと思ったんだけど、そうじゃなかったのかも知れない。


            いや、身の振りを検討する時間が増えたことを考えると、ベストタイミングなのかも知れない。


            さて、どうしたものか…おもいっきり悩む。


            JUGEMテーマ:演劇・舞台

            Posted by : まさき | 舞台活動 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
            Sfidare@ensyu −千秋楽−
            0
              6月23日(日)、Sfidare@ensyu『ビューティフル・サンデイ』の千秋楽でした。

              今日は寝坊することなく起床して、落ち着いて自宅を出たんだけど、会場に到着したのは昨日(22日)と同じ。

              あれれ??

              陽気の良い日曜日の朝ってこともあって、道路がちょっと混み合ってたのかも知れません。


              会場1階の駐車場に車を停めている時、演出と舞監が揃って出掛ける姿が。

              近くの喫茶店へコーヒーを飲みに行ったとのこと。

              僕の感覚としては、会場の外へ不用意に出掛けるのは不味いんじゃないかって思うんだけどね。


              会場入りして、早々に音響のチェックを済ませました。

              それまではBGMのなかった会場内。

              本番前、関係者にリラックスしてもらうためにも、ボサノバ系のゆったりした、客出しの曲をBGMとして流しました。


              今日のタイムテーブルは昨日と同じで、開演時刻は11:00、15:00、18:30の3回公演。

              本番前のゆったりした時間もあっと言う間に過ぎて、あっと言う間に10:30の開場を迎えてしまいました。


              その後の時間は、怒涛のように過ぎてゆきました。

              あっと言う間に3ステが終わったように感じました。

              一つずつ落ち着いて操作出来たので、僕としては悔いのないオペレーションが出来たと思っています。


              3ステが始まる前、軽くバラシの打ち合わせがあったんですわ。

              出来るだけ早くお客様をお見送りして、客席を撤去して、まずは小道具や衣装をまとめること…って舞監から指示が出されたんです。

              指示が出たのだから、それを前提に事が進められるんだろうな…って思いますよね。

              3ステ終演後、演出と舞監が、客席でお客様と話しこんじゃいました。

              あららら…(-_-;)


              お客様が全員帰られたら、いよいよバラシ開始です!

              仕込みに参加してなかった僕は、おろおろしてしまいました(^_^;)

              何か出来ることはないかと見渡して、照明のバラシを手伝うことにしたんですわ。

              小屋が小さいってことで、灯体も小さいんですよね。

              まるでミニチュアなんですよ。

              初めてその灯体を見た時、こんな灯体があるんだな〜って感心しちゃったくらいです。

              照明関係のバラシを終えた後は、装置のバラシをお手伝い。

              装置がパネルに戻った頃、2tトラックが到着。

              せっせせっせと搬出しました。


              搬出と掃除を終え、PLAYHOUSE NEOに鍵をかけたのは22:00頃でした。

              全てが終わった…って感じでしたね。

              演集のみなさんは、アトリエへ戻って、諸々の搬入があるのですが、僕はその場で家路に着きました。


              こうして、Sfidare@ensyu『ビューティフル・サンデイ』を終えました。

              お話をいただいた当初は『音響オペ』と思っていたら、顔合わせの時に、『音響プラン』も担当することと知り、CDをレンタルしまくり、聴きまくりました。

              軽く100枚を超えるCDをレンタルしたと思います。

              それをベースにプランを練り、それで本番を乗り切りました。

              本番では全力を出し切ったんだけど、家路の途中考えたことは、『もっと違うプランが提示出来たのではないか』と言うこと。

              まぁ、どの舞台に係わっても、同じようなことは考えるんだけどね。


              さてさて、本日撮影した写真です♪


              開場直前の会場内です。
              演集130623_1.jpg


              照明・音響オペ席に用意されたキュー用灯体。
              演集130623_3.jpg

              この灯体が点いたら、明転OKの合図です。


              こっそり撮影した上演中の舞台♪
              演集130623_2.jpg


              バラシの終盤です。
              演集130623_4.jpg


              バラシを終えた会場内です。
              演集130623_5.jpg


              JUGEMテーマ:演劇・舞台

              Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0)
              Sfidare@ensyu −中日−
              0
                台風一過とまではならなかったかもしれないけど、ここ数日の雨模様は去り、気持ちのいい陽気となった今日は、Sfidare@ensyu『ビューティフル・サンデイ』の中日でした。

                “中日”は“ちゅうにち”ではなく、“なかび”です。

                念のため(^_^;)


                集合時間は9:30と早い。

                早く起きて余裕を持って名古屋へ向かう…ってのが理想だったんだけど、現実は“大寝坊”でした。

                7:00に起床の予定だったんだけど、起きたのは8:20だったんですわ。

                とりあえず、舞監に入り時間をメールしてから、急いで準備を済ませ、早々に自宅を出ました。


                当初の予定では、開場の30分前である、10:00入りとメールしたんだけど、道路状況が良くて、スイスイスイと行けちゃうではありませんか!!

                おかげで、会場入りしたのは9:40と、10分遅れで済みました。

                今日は結果オーライなんだけど、明日こそは送れないようにしないとね。


                今日は3ステあって、その一発目が11:00開演なんですわ。

                午前中の開演の公演に係わるのは、キャストとスタッフを合わせて、初めてじゃないかな??


                会場入りしてホッとしたのも束の間、あっと言う間に開場時刻になってしまったんですよねぇ。

                それもバタバタバタっと、なだれ込んだって感じ。


                本来の開場は、開演の30分前なんだけど、暑いところで待たせるのは申し訳ないってことなんでしょう、今日も前倒しで開場してしまったんです。

                まぁ、小道具や衣装などのプリセットは終わってたから、入られたお客様に舞台裏を見せることはなかったと思うんですけどね。

                だけど、いろいろな面から考えると、『開場は開演の30分前』と謳ってるんですから、それを守ってほしいと言うのが正直なところです(-_-;)


                それにしても、今日の記憶は、本番の音響をやってるか弁当を食べてるかなんですよねぇ。

                1ステ(11:00)が終わって遅めの昼食の弁当。

                2ステ(15:00)が終わって早めの夕食の弁当。

                3ステ(18:30)。

                『本番→弁当→本番→弁当→本番』で一日が終わったって感じです(笑)

                その間に、差し入れのお菓子を食べてるから、食いっ放しの一日ですわ(爆)


                自分の仕事を振り返ってみると、音響の仕事では、失敗は無かったと自負しています。

                だけど、“タイミング”って好みがあるから、キャストやほかのスタッフ、そしてお客様の中には、『この音はもう少し早い方が…』、『ボリュームが大き過ぎる』、場合によっては、『このシーンに合わない』と感じた方も居たかも知れませんね。


                明日(23日)も3ステです。

                そして“千秋楽”です。

                一日3ステってのは、スタッフもパワーが必要です。

                悔いを残さないように、思い切って楽しみたいと思っています。


                まずは、やるべきことを早めに終わらせて、早々に寝ようと思います。

                大寝坊しないためにもね(^_^;)


                JUGEMテーマ:演劇・舞台

                Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0)
                Sfidare@ensyu −初日−
                0
                  梅雨前線が活発に活動した今日(21日)、Sfidare@ensyu『ビューティフル・サンデイ』が初日を迎えました!!


                  所用があって、昨日(20日)の稽古に参加できなかった僕。

                  そこへ届いたメールには、『サウンドチェックをするので、21日は9:00入りのこと』と書かれていました。

                  午前中は産業医面談があって、どうしても無理だったので、理由を添えて、『12:00頃までに入ります』と返信しました。

                  その後帰ってきたメールには、『絶対に12:00に遅刻しないように』と書かれていました。

                  そのやり取りの流れの中から想像できることは、『21日は、朝から音を除いた部分の調整をしているんだろうな』と言うこと。

                  だから、産業医面談を終えた僕は、11:00頃には小屋入りしたんです。


                  『おはようございます!遅くなってすみません!』と挨拶すると、『あれ?早いね〜。』と演出。

                  どうやら集合時間は12:00に設定されていたようです。

                  出来ることなら、それもメールで教えてほしかったですわ…(-_-;)


                  まぁ、それでも音響の準備を進める。

                  キャストが揃ったところで、サウンドチェック開始です。

                  MのINとOUTを細かくチェック。

                  続いて、一部のSEのINとOUTをチェック。

                  これまで以上に、微妙な操作が必要になりました。

                  だ・け・ど、やりますよ、作品が良くなるのであれば、その微妙な操作を実現しますよ!!


                  一部、サンプラーのSEの録音レベルを下げることになりました。

                  ノートパソコンを持参して良かったですわ。


                  そして、ある意味中途半端に入っていたSEをカットすることになりました。

                  それに関しては、きっかけが減るから、ある意味ありがたかったですね。


                  ドタバタしているうちに、ゲネの時間に。

                  気持ちがどこか上ずってたのかも知れません。

                  冒頭のSEを出し間違えてしまいました。

                  だけど、それで気持ちが吹っ切れたような気がします。

                  その後は落ち着いて操作できました。

                  まぁ、冒頭を除いて、間違えたところはありましたけどね。


                  ゲネが終わって、時間は15:40を回ってたかな。

                  お昼を食べてなかったので、持参したパンを食べる。

                  今日の公演は19:00からなので、その後はひたすらまったりしてたように思います。

                  『これからホントに本番があるのか!?』って感じるほどでした(笑)


                  しばらくすると、弁当が到着。

                  ありゃりゃ、弁当があったのね…(汗)

                  もちろん、美味しくいただきましたよ。


                  18:00を回り、そろそろ開場の準備を…と思っていたら、早く到着したお客様の受付が始まってしまいました。

                  前倒しの開場。

                  雨が降りしきる中、外で待っていただくことは出来ませんので、仕方ありませんね。


                  開場が早かった分、開演までが長かったこと。

                  お腹も膨れてるので、ひたすら睡魔と戦っておりました。


                  お客様の到着の状況を考慮して、5分押しの19:05に開演。

                  その後はあっと言う間でしたね。


                  僕の音響プランがどう評価されているのか、お客様の意見が聞きたいところでしたが、会場の構造上、その機会を作るのは難しかったですね。

                  本番の幕が上がってしまったので、今更プランを変更することは出来ません。

                  自信を持って、音響をオペレーションしたいと思ってます。


                  今日は客席をお見せしたいと思います。

                  会場の入り口をくぐったお客様が通る扉です。
                  ensyu130621_1.jpg

                  実はコレ、装置の一部なんですよ。


                  その後、目にする客席がコチラ!!
                  ensyu130621_2.jpg

                  実は、3列しかなく、奥行きの無い、横に広い客席なんですわ。


                  上の写真は上手から見たところで、コチラは下手から見たところ!
                  ensyu130621_3.jpg


                  舞台奥から見た客席はこんな感じです。
                  ensyu130621_4.jpg


                  そんなこんなで初日を終えました。

                  残りの2日間は、1日に3ステージです。

                  頑張って楽しみましょう〜!!


                  JUGEMテーマ:演劇・舞台

                  Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
                  劇団演集 −2013年6月19日−
                  0
                    台風の影響で、結構な雨が降りしきる中、Sfidare@ensyuの稽古へ行ってまいりました〜!!

                    雨の中の運転は、今でも緊張しますわ(^_^;)


                    18:30に小屋入りする予定だったんだけど、帰宅ラッシュに掴まってしまい、到着したのは18:50頃でした。

                    会場では、演出の狩野さん、舞監の岩崎さん、キャストのまさきゅんがスタンバってました。

                    『おはようございます!遅くなってすみません!』と挨拶した後、早々に音響機材の電源を入れ、諸々のチェックを済ませました。


                    舞台上から照明&音響オペ席を見たところがコチラ!
                    演集130619_2.jpg

                    ハッキリ言って、無理矢理オペ席を作った感じですわ(^_^;)

                    ちなみに、写真に写っているドアは、装置の一部なんだけど、会場の出入り口も兼ねてます。

                    そんなこんなで、開演時刻に遅れたお客様は途中入場できません…(汗)

                    もちろん、開演時刻を回ってしまうと、途中退場は出来ません…(大汗)


                    オペ席の機材の状況がコチラ!
                    演集130619_1.jpg

                    昨日の記事でもオペ席を写したんだけど、暗かったので、明るくして正面から撮って見ました。

                    上から、音響卓、MDが2台、CD+MDが1台、その脇にサンプラー。

                    MD2台は客入れ用と客出し用に使用するので、本番で使用するのはCD+MDとサンプラーなんですね。

                    結構操作し辛いですわ(^_^;)


                    さてさて、19:00までにキャストが全員揃ったから、諸々の準備を考慮して、19:30に稽古開始と言うことに。

                    様々な状況を鑑みて、全場を通すことは厳しいから、第二場と第三場を通すことになりました。

                    とりあえず、機材の操作には慣れました。

                    きっかけが混み合ってるところもほとんどないので、落ち着くことだけが、僕の課題と感じています。


                    ただ、懸念されるのは、まだ照明が仕込まれておらず、右隣に座るはずの照明オペもまだ座ったことがないと言うこと。

                    今日までは、狭いオペ席に、僕一人がどっかりと座ってたんです。

                    本番では、狭いオペ席が更に狭く感じられることでしょう。

                    暗転中の機材の操作も経験していません。

                    畜光テープなどなどなどを用意しておいた方がいいかも知れません。


                    明日(20日)の10:00より照明が仕込まれます。

                    従って、明日の稽古では、照明が変化します。

                    だけど、所用あって、明日の稽古には参加できません。

                    次にオペ席に座るのは、21日のゲネです。

                    ゲネの前に、演出および照明オペと、しっかり打ち合わせをしたいと思います。


                    JUGEMテーマ:演劇・舞台

                    Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
                    劇団演集 −2013年6月18日− 小屋入り
                    0
                      Sfidare@ensyuは、今日(18日)小屋入りしました〜!!

                      10:00集合ってことだったので、僕も朝から…と言いたいところだけど、急用が入ってしまい、小屋入り出来たのは14:30を回ってしまいました…(-_-;)


                      みなさん、本当に申し訳ありません!!


                      PLAYHOUSE NEOは、折り込みで来たことはあるけど、入るのは初めて。

                      4月初旬に見学する機会があったんだけど、都合が悪くなってしまい、参加できなかったんですわ。


                      小屋入りしてみると、既に装置のほとんどが組まれていて、細かなところを調整している状態。

                      僕は早々に、音響の仕込みに取り掛かりました。

                      仕込み図を見た限りでは、照明と音響のオペ席は、客席の上手側並び。

                      仕込み図には『照明音響操作室』とあったので、何らか部屋になってるんだろうな〜って思ってたんだけど、パネルで仕切られているのみでした(^_^;)


                      ガッツリ音響をやるのは今回が初めてってことで、僕だけで音響が仕込めるのか…って不安だったんです。

                      ある意味、不安適中。

                      まずは機材の確認をしたんだけど、音響卓と間違えて、照明卓を確認してました…(-_-;){ヤレヤレ)

                      すぐに間違いに気付いたんだけどね…(汗)


                      あらためて、音響卓を確認。

                      MDが2台とCD+MDが1台、都合3台が卓に繋がれていました。

                      電源を入れる前に、持参したサンプラーを音響卓に接続。

                      その後、すべてのボリュームをMinに設定してから、機材の電源をON!

                      音響卓のフェーダーを少しずつ上げながら、音を確認するけど、スピーカーはうんともすんとも言わない。

                      何故音が出ない??

                      焦る、おもいっきり焦る。

                      スピーカーの電源がONになってないのか!?

                      装置の裏に隠れてしまったスピーカーを確認する。

                      電源のスイッチは…ない。

                      次の瞬間、スピーカーのメーカーのロゴが目に入る。

                      『あれ?ついさっきどこかで見たぞ??』

                      オペ席へ戻って、音響機材を確認する。

                      『これは何だろう?照明機材かな?』って思ってた機材に、スピーカーのメーカーのロゴが付いてるではありませんか!?

                      その機材の電源をON!

                      卓のフェーダーを上げてみると、無事に音が出ました。


                      ほっ。


                      音が出てしまえば、残りの作業は早い。

                      全ての音のレベルを確認して、音響の仕込みは終了〜♪


                      これが僕の仕事場です!
                      小屋入り130618.jpg

                      舞台上では仕込みが進んでいますね。


                      音響の仕込みが済んだのは、たぶん15:30を回った頃だったと思います。

                      装置関連の仕込みは、あまり手を出さない方がいいような雰囲気だったので、やることが無くなっちゃいました(笑)

                      しばらくの間、仕込みを見てたんだけど、時間がもったいないので、オペ席でコウの台本を開いて、台詞を覚える努力をしておりました(^_^;)


                      あ、そうそう、当日パンフレットに『父と暮せば』のチラシの折り込みはやりましたよ〜!!


                      キャストが全員揃ったのは18:00頃だったかな。

                      そして、装置の仕込みや小道具のセッティングが終わり、19:00から通し稽古と相成りました。


                      これまで稽古では、左手でSE、右手でMを操作してたんだけど、小屋入りしてみると左右逆…。

                      通し稽古をしながら、機材の操作に慣れるように努力しました。

                      まぁ、大きな失敗はありませんでしたが、小さな失敗はそこそこありましたね(笑)

                      いやいや、反省です。

                      明日(19日)の稽古で調整したいと思います。


                      ダメ出しを終えて、今日の作業はタイムアップ!!

                      時間の許す限り、迷惑をかけない範囲で、機材を操作して、本番に備えたいと思います。


                      JUGEMテーマ:演劇・舞台

                      Posted by : まさき | 舞台活動 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
                      TOP