『演劇 the コウ』のオフィシャルホームページを管理するまさきが、劇団に関係する・しないに係わらず、管理人の立場も一先ず置いといて、気紛れに残す日々の足跡・・・のページ。
<< 大腸の内視鏡検査の結果 | main | 仕事の現状 >>
英語への苦手を克服したい
0

    今の子どもたちが英語に接するのは何歳からなんだろう。

     

    僕が英語の勉強に始めて接したのは、小学生の5年生の頃。

     

    友達の父親の仕事の伝手で、アメリカ人(だったと思う…)の先生に教えてもらっていた。

     

    友達の自宅に数人集まっての授業。

     

    楽しかった記憶がある。

     

     

    中学生の頃。

     

    一年生の授業は何不自由なくついて行けたと思う。

     

    (実は、あまり記憶にない…汗)

     

    そして、二年生。

     

    英語担当の先生と馬が合わなかった。

     

    その先生のことがどうしても受け入れられず、真面目に授業を受けていても、内容がまったく頭に入ってこなかった。

     

    英語が苦手になるのに時間はかからなかった。

     

    英語の授業が苦痛でしかなかったことだけ覚えている。

     

     

    その後の英語の授業は、カンペを使って受けていた。

     

    今は発売されているのはわからないけど、その頃、学校の教科書の翻訳本が売られていて、それを使っていたのだ。

     

     

    自分で訳す努力をしてないのだから、英語が身に付くわけがない。

     

    英語が苦手になったきっかけは中二の時の先生の影響かも知れない。

     

    しかし、本当に『苦手』になった原因は、自分で努力することを止めたからなのだ。

     

     

    ここ数年、いや、もっと前からかも知れない。

     

    『英語に対する苦手な思いを克服したい』

     

    そう思っている。

     

     

    5〜6年前に聞き流す英語の教材を購入したけど、全く見に付かなかった。

     

    英語に対する苦手な思いがブロックしていたのかも知れない。

     

     

    二十歳でIT業界に身を置くようになってから、英語に接する機会は多い。

     

    大凡の意味が分かるときはいいけど、そうじゃない時は、翻訳サイトを利用している。

     

    IT業界に身を置く人でも、そう言う人は多いと思う。

     

    だけど、スラスラと意味を理解してしまう人と接すると羨ましく感じている。

     

     

    ただ、リーディングができれば良いと言うわけではない。

     

    ライティング、リスニング、スピーキングもできるようになりたい。

     

    英語が話せるようになれば、全ての外国の方とスムーズなコミュニケーションが取れるとは思いません。

     

    だけど、外国の方と少しでも話すことができれば、自分の世界が広がるように思う。

     

     

    まぁ、英語が話せなければコミュニケーションが取れないわけではない。

     

    長い時間をかけてそう思うようになってきたのだろう。

     

     

    英語に対する苦手な思い…

     

    何から始めればいいのだろうか。

     

     

     

    JUGEMテーマ:日記・一般

    Posted by : まさき | 日記 | 15:08 | comments(0) | -
    コメント









    TOP